2012年08月10日

ソナチネ第1番 “クレメンティアーナ” 第1楽章(1984)




なぜ、この曲が第1番になったのかというと、最初に3つの楽章が揃って完成したソナチネだからです。
3つの楽章が統一された形で、しかもバランスよく揃うというのは、当時の私には難しいことだったのでしょう(今は、もっと難しくなっています)。
タイトルの “クレメンティアーナ” は、ソナチネ・アルバムで知られるムツィオ・クレメンティに由来する言葉で「クレメンティについて」というような意味です。



ソナチネ第1番 第1楽章






posted by tomlin at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 試聴と解説 | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

ソナチネ第5番 第2楽章(1987)





初稿は1987年。1999年のオーボエ・ソナタの第2楽章に主題を使ってしまったので一度お蔵入りした曲なのですが、気に入っていたので復活。数多くの異版があるので、どれが正統なものなのか判断がつかなかったのですが(何を言ってるんだ作曲者!)、今回録音に用いたのは一番新しい日付であった「2009年6月23日−第3版」の楽譜です。
と書いたのですが、楽譜がページごとに版が異なっていたことが判明。いずれ最新稿で録音しなおします。




ソナチネ第5番 第2楽章



※音量が小さい時には、プレイヤーの左端にあるボリュームコントロールのプラスマークをクリックしてください。

全曲一覧へ






 
posted by tomlin at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 試聴と解説 | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

ソナチネ第3番 第3楽章(1984)





1984年の暮れ。カミさんと旅行に出発する数時間前に突然インスピレーションがやってきたので、旅を取りやめようかと思った曲。結局出かけましたが、旅のことなど上の空。




ソナチネ第3番 第3楽章


※音量が小さい時には、プレイヤーの左端にあるボリュームコントロールのプラスマークをクリックしてください。

全曲一覧へ






 
posted by tomlin at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 試聴と解説 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。