2012年08月10日

ソナチネ第1番 “クレメンティアーナ” 第1楽章(1984)




なぜ、この曲が第1番になったのかというと、最初に3つの楽章が揃って完成したソナチネだからです。
3つの楽章が統一された形で、しかもバランスよく揃うというのは、当時の私には難しいことだったのでしょう(今は、もっと難しくなっています)。
タイトルの “クレメンティアーナ” は、ソナチネ・アルバムで知られるムツィオ・クレメンティに由来する言葉で「クレメンティについて」というような意味です。



ソナチネ第1番 第1楽章






posted by tomlin at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 試聴と解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。